トレード手法

値幅は市場により変わる

投稿日:

値幅と言われると、皆それぞれが、それぞれの考えで、それぞれの答えを返してくる。

合っている・合っていない、正解・不正解は存在しない。誰かが「こうだっ!!」と言えば、その言った方の考えではそうなる・・・。

皆それぞれです。

前置きは、さておいて・・・

私なりの調べて考えでは、1つの通貨ペアの市場時間により、30pipsと50pipsの時が混在しているのである。

別のページには、ドルストレート、クロス円でそれぞれ違うし、市場によっては30pipsで別の市場では50pips、凪ぎ相場(様子見相場)では、普段50pips幅で取引されていたのが30pipsで取引されていたりと、混在する。

たとえば

EUR/USDは、日本市場時間では30pips幅、EU,NY時間では50pips幅の傾向が多い。
(補足:凪ぎ相場のEUR/USDでも値幅30pipsの時もあった)

GBP/JPYは、基本は50pips値幅ですが、凪ぎ相場(もしくは凪ぎ市場)では30pips幅の動きをします。
(補足:重要な日足pivotとの値幅が偶然に30pipsで有ったために、値幅30の場合もあった)

XAU/USDの金ドルでは、基本の値幅が5ドルですが、凪ぎ相場になると値幅が小さくなるだけで、基本の5ドルの値動きをします。

思い込んでしまうと、読み違えやすい所なので常に30pips、50pipsの計測を怠らずにすることである。

-トレード手法

Copyright© チキントレーダのFX値幅トレード , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.